【初心者向け】犬のお手入れって実際何すればいいの?【グルーミング】

こんにちは、オンラインサロンオンラインサロン「ダンビズクルーズ」のハンサム真木です。

あまり話す機会も無いのですが、
じつは僕、元プロトリマーでございます。

今回は初心者向けに、
ワンちゃんのお手入れの方法と考え方 について書いていきます。
犬って身近だけど、今やっている手入れに自信がない……
そんな風に悩んでいる人も参考にしていただければと思います。

個人の意見である事、ご了承ください。

何の知識もないけどどうすればいい?

先に結論を述べますと、重要なのは
・ブラッシングをすること
・下手にシャンプーしないこと
・月に一度ぐらいプロに全部やってもらうこと

だと思ってください。

おおざっぱな考え方

犬のお手入れにおいては
・知識なしの飼い主でもやったほうがいい事
・プロに任せた方がいい事

これらに分かれています。

そんなことは知っているよ!と思われるでしょうが、
ぼく個人の考えではここの分け方がものすごい重要です。
自分でやるやらないの境界線はどこなのか?と。

手入れ方法をいざネットで調べようとすると、

それぞれの方法を事細かに説明している記事は検索で出てくるんですけど、
飼い主が覚えなくてもいい 専門的な作業手順や、
出来るようになるまで修行が要りそうなこと
まで書いてあるんですね。

あまり曖昧な知識でやっても犬に負担ですし、
お手入れ自体によくないイメージを持たれてしまうかもしれません。

では本題に戻っていきましょう。
結論で述べたブラッシングからです。

毛をほぐす!スリッカーブラシ

針金が並んだブラシを見たことありませんか?
こんな見た目をしたブラシをスリッカーと呼びます。

プードルやシーズー、ポメラニアンなど
ある程度の毛の長さを持った子だと必須になります。
毛の絡まりを取り除くための物です。
優しく慣らしていく方法なども重要ですが、
これは文章での理解は難しいと思います。

こちらの動画が非常に分かりやすいですよ!

とても小柄な子なら、小さくて軽いものも売っていますよ

このブラッシング、プードル等は日常的に行わないと毛玉が溜まっていきやすく、
トリマーにいざ連れ出して頼んでも簡単に取れない事態に ……なんてこともあります。
そうならないように毎日、あるいは週に何度かだけでもやっておくと
犬の負担も減るかなと思います。

下手なシャンプーをしない

例えばビーグルやパグなどのようなツルツルの短毛種 では、
ブラッシングにおいて今紹介したブラシの出番はありません。

しかし汚れはたまっていきますので、シャンプーは必要!
シャンプーは何にすればいいのか?
頻度はどれぐらいにすればいいのか?

これはぼく個人の考えですが、
不慣れな飼い主さんは正直シャンプーしなくていいです。
トリミングサロンや動物病院・ペットショップなどに連れて行って、
プロに任せましょう。目安は月一ぐらいで。

飼い主はシャンプーしなくていい理由

①ブラッシング不足で毛玉ができているまま濡らした場合、強く固まって取りづらくなる
②脇の下や後脚の間、顔まわりなど、慣れない手つきで犬に嫌な思い出になるかもしれない
③ドライヤーで乾かし足りない部分が残ると、皮膚の弱い子の場合炎症になる可能性がある

細かい理由はもっとありますが、
ざっくりと解説するとこんな感じです。

いかがでしたでしょうか。

犬と人々の付き合いは長くても、
お手入れに関しては初心者という方、
まだ沢山いらっしゃると思います。

少しでも判断の助けになれば!
 
 

あなたも記事を書いて定期収入を得ませんか?

わたしたちはブログを共に執筆する人を随時募集しています。
くわしくはこちら!
 

この著者の記事をもっとよむにはこちら

somethinglike

シェアする