【横浜市】妊娠希望カップルはMR(麻しん風しん混合)ワクチン接種に助成が出るかも

こんにちは、オンラインサロン「ダンビズクルーズ」メンバーのみっぽです。

沖縄発で麻しん(はしか)が流行のきざしを見せています。
ゴールデンウィークをひかえ、全国に広がるかもしれません。

はしか発生状況/沖縄県
ゴールデンウィークに海外や沖縄県へ旅行を予定されている皆様へ|愛知県

「はしかのようなもの」といった慣用句を聞くと、軽い病気を想像しがちですが、麻しん(はしか)はとくに妊娠中の女性や乳幼児にとってはおそろしい病気です。
非常に感染力が強く、マスクなどではふせげません。重篤な合併症を引き起こす可能性もあります。

麻しんQ&A〔麻疹(ましん、はしか)について〕|国立感染症研究所

ワクチンで予防ができます

麻しんと風しんは、MRワクチンという一つのワクチンで予防ができます。
そして、風しんの流行と「先天性風しん症候群」(風しんにかかった妊婦から生まれた出生児に引き起こされる障がい)の発生を防止するため、MRワクチン接種への助成を行っている自治体が数多くあります。

横浜市もその一つです。

接種歴が2回未満の妊娠希望女性とパートナーが助成を受けられます

横浜市風しん対策事業

この事業では、3300円でMRワクチンを接種することができます。
接種できる条件は以下のとおり。

・19歳以上の市民
・妊娠を希望する女性か、そのパートナー
・いままでにMRワクチンの接種歴が2回未満(母子手帳等で確認できます)
・これまでにこの事業による助成を受けたことがない

MRワクチンは自費だと10000円前後かかる医療機関が多いようです。
接種できるのは市内の協力機関です。(上記事業ページに一覧が載っています)

わたしも夫婦で受けました

一年半前、次男の妊娠を考えている時期に、夫婦でMRワクチンを接種しました。
自分の母子手帳を無くしてしまったので、正直子供時代に何回受けたことがあるのか不明でしたが、病院で証明する必要はありませんでした。

あなたは何年生まれですか?風しんワクチン接種状況チェック|厚生労働省

この表によると、わたしは1回は接種歴がありそうですが(乳児時代は予防接種全て打ったとの母の証言もあり)、うちの夫はまさに「接種率が低く風しんの免疫がない人が多い世代」です。
麻しんの流行が危惧される現在、打っといてよかった!と安心しています。
(次男が0歳で定期接種がまだ受けられないので、そういう不安はありますが……)

横浜市以外では?

ほかの地域にお住まいの方も、「<自治体名><風しん><助成>」などのキーワードで検索すると、情報が出てくるかもしれません。
風しん単独ワクチンだと風しんしか防げないので「MRワクチン」への助成かどうか確認する必要があります。

たとえば……

風しん抗体価が低い女性の風しん予防接種費用一部助成|港区
平成30年度(成人対象)風しん抗体検査・風しん予防接種費用を全額助成|江東区

どちらの区も「MRワクチン」への助成があります。

女性は接種後2ヶ月避妊しなければならないので、妊娠希望なら計画的に、お早めに。


わたしはドラマ版「コウノドリ」で「先天性風疹症候群」について知りました。
マンガではこの巻に書かれています。

あなたも記事を書いて定期収入を得ませんか?

わたしたちはブログを共に執筆する人を随時募集しています。
くわしくはこちら!
 

この著者の記事をもっとよむにはこちら

みっぽ
・2児の母
・育休中に英語350時間勉強
・運営ブログ みぽろぐ https://mippolog.com/

somethinglike

シェアする