引っ越しの際に気を付けるべきこと

こんにちは、オンラインサロン「ダンビズクルーズ」メンバーのねーさんです。

私事ですが、年始めに引越をしました!
引越といえば、各種手続きに粗大ゴミの処理、荷物の移動などやることいっぱい、てんやわんや!

今回は、ねーさんが実際に引越作業を通じて後悔したことレポです!

引越先が決まり次第、住民票の移動(転入)

書類の仕上がりまでの待ち時間は、地域によってまちまち。ねーさんは、30分くらい待たされました!
ぎりぎりになってから行くと、「予定がつまってるのに~まだかな~」ともやもや……。
引越先が決まり次第、すぐに動いたほうが精神衛生上良いです。

ちなみに、必要なものと必要でないものは以下の通り!
◎今の住所
◎先の住所
◎本人確認書類
◎時間と暇潰し要素
△捺印(地域によっては必要)
×本籍地
×印鑑証明解約

粗大ゴミの予約

大きな声ではいえませんが、ねーさんは独自に、リサイクル業者に廃棄をおねがいしました。というのも、市役所提携の業者には断られてしまったからです……。
一週間前に言えばなんとかなるだろうと、あまーく考えていたのが悪かった。少なくとも、二週間前がリミットと考えておくと◎

ちなみに、同じ粗大ゴミでも、ブランドによっては買いとり拒否されることも……。ねーさんのイケアは、買い取り拒否のうえ、数千円払って産廃処理となりました。。

ものを買うのも捨てるのもお金をかけるなんて、アホみたいですね。捨てることまで考えて、買い物しましょう!

箱はある程度余裕をもってつめる

箱がもったいないからって、ぎゅうぎゅうにつめてしまうと、業者のひとが運ぶときはもちろん、解体する時に辛いよ……ほんと当時の腰痛はひどかった。

解体するときは、上から開けていけばいいって??どーーしても緊急で必要なものが下の段ボールに入っていたら……もしその上の段ボールがとっても重かったら……??
悪いことは言わない。少しゆとりを持った箱詰めをしましょう。

レイアウトを考えておく

きちんとレイアウトを考えておかないと、物品の搬入の指示だしができません!
「てきとうに、そこら辺に寄せといてください。」なんて、もったいない!せっかくプロの引越やさんがいるんだから、好きな位置に家具をおいてもらいましょう。
ねーさんは、搬入が落ち着いてから家具を動かそうとして、非力さに絶望したよ。床も傷つけたくないし……。これが一人暮らしの女性だったら、と思うと恐怖。借りれる手はいくらでも使いましょう!

住民票の移動(転入)

とにかく早く対応するにこしたことはありません!そのあとに、カードやら運転免許証やらの住所変更が待ってるからね……。
ねーさん、ここでも出遅れて、後の処理にかなーり響いたよ……。

ちなみに、ここで転出処理した時にもらえる転出届が必須!!絶対に忘れないように。ついでに、マイナンバーカードもわすれずにね!

以上、ねーさんの引越レポでした!
お役にたてると嬉しいです!

あなたも記事を書いて定期収入を得ませんか?

わたしたちはブログを共に執筆する人を随時募集しています。
くわしくはこちら!
 

somethinglike

シェアする