午後を有意義に過ごすライフハックはこんなにあった

午後も有意義に使いたい!オンラインサロン「ダンビズクルーズ」代表のこっこです。

みなさん
「午前は集中力があるけど、午後は全然…」
ということはありませんか?
わたしは午前じゃないと能率が上がらないからと、午後の自分に全然期待していませんでした。
ところが調べてみると、 午後を充実させるライフハックは結構あるんです。

きょうは
・午後を有意義に過ごす
・ライフハックについてお話しします!

 

午後も有意義に使うライフハック

まず大前提として、大きな仕事やクリエイティブなことは午前に済ませてしまいます。
そのほうが能率がいいことは散々語りつくされていますね。
 

簡単作業をまずやる

メールチェック、返信、ネタ集め、画像の簡単な編集、、、などなど。
別に午前のエネルギーを使ってまでやらなくてもいい雑事ってあると思います。

それをどこかにリスト化しておいて、端から事務的にやっていきます。
深く考えることなくサクサク終えることが大切です。
 

午前アウトプットしたら、午後はインプットを

例えばわたしの場合、午前はブログを書いて、午後は韓国語の勉強をします。
午前アウトプット、午後インプットと、ベクトルの違うことをして飽きないようにするのです。

似たような作業が続くとどうしてもガス欠になって能率が上がりません。
ですから、頭の風通しをよくするつもりで、意識的にベクトルの違うことをしてみましょう。
 

疲れてきたら無駄を省くチャンス

人間疲れているとテンションが低いですよね。
それはつまりハイなときには気にならなかったことが気になったりするということ。

とくにタブレットやスマホに眠っている、無駄なアプリや画像は疲れている時に掃除してしまいましょう。
(あまりに重要な決断はしてはいけませんが)
そのようにして、元気が有り余っている時の自分をより快適にしてあげるのです。
 

明日やることを最後に考えておく

翌日さっと仕事に取り掛かれるように、やるべきことを前日に軽くまとめましょう。
そうすれば、それが無意識の中に宿題として残り、いいアイディアも浮かびやすいかも。

1日の作業が終わったら、締めくくりとして習慣にしたいものです。
 
 

有意義に過ごせば午後も捨てたもんじゃない!

午前の半分を眠っている人は多いものです。
対して、午後は起きている人が多い。
つまり 午後を有意義にすることで、能率はもっと上がっていくということですね。

あなたなりの素敵な午後の過ごし方が見つかりますように。
では、またね。

この著者の記事をもっと見る
 
 

あなたも記事を書いて定期収入を得ませんか?

わたしたちはブログを共に執筆する人を随時募集しています。
くわしくはこちら!
 
こっこ
・LINEで教える英語講師
・Twitchでゲーム配信しています
・ブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
・オンラインサロン「ダンビズクルーズ」代表
・夫はハンサム真木

somethinglike

シェアする