【ONE】レシート撮影で10円貰えるアプリ、結構よさそう?【1日100円】

こんにちは、オンラインサロン「ダンビズクルーズ」メンバーのハンサム真木です。

みなさんはもう、
レシート撮影して送信するだけでお金がもらえるサービス「ONE」
iOS向けにリリースされたのはご覧になりましたか?

ある程度話題になっているようです。自分も試してみたのと、
購買情報を渡したら個人情報はどうなるんだろうと心配している人がいたのでそこに対してコメントしていきたいと思います。

結論、心配はいらないのではないでしょうか。



レシートをお金に帰る方法はシンプル

アプリ自体はこちら。

ONE(ワン)

ONE(ワン)
開発元:ONE FINANCIAL CO., LTD
無料
posted withアプリーチ

まず、 電話番号の存在する日本のスマホじゃないといけない事には注意が必要です。(SMSが受信できる必要がある)
iOS版のみなので実質ほとんどiPhoneですね。

アプリを開くと、SMS認証のために電話番号の入力を要求されます。
入力したら下の黒いボタン「利用規約に同意してSMSを送る」をタップ。

4桁の番号を求められる画面に変わるので、
直後に届くSMSに書いてあるそれを入力。
完了するとこんな画面になります。

いざレシートを送信

レシートは、アプリ内のカメラで撮影をします。
画面に従い右下緑色のボタンをタップ。

カメラが起動するので、ポップアップには「ok」を押しましょう。
押さないと撮影できません。

撮影したら画面下の紙飛行機をタップ。

以上!

査定とありますが、いまのところ10円しか選択肢はない模様。
1日に10枚までが送信の上限のようです。

出金には本人確認と手数料に注意

アプリ内ウォレットに貯まった残高はお金にできるのですが、
運転免許証などの撮影をしてアプリ内で登録する必要があります。
画像でいう「本人確認」をタップして行います。

そこも購買情報としての把握に役立てているのでしょう。

引き出し自体は300円から可能で、
手数料が200円かかるとのこと。

情報を何に使うの?大丈夫なの?という話

こういったベンチャーなサービスに慣れない人にとって、
購買場所と内容まで記載されたものが送信されることに
不安になる気持ちは分からなくもないですが、
クレジットカードや一部電子マネーは既に既に購買情報が情報化してるものなので今更です。
クレジットに関しては審査時に収入まで見られるものですからね普通。

集めた情報は何に使うのかというと、将来的には「次世代の金券ショップ」を目指しているそうですね?
↓以下記事リンクと一部引用です↓

レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」公開、17歳起業家が新たに目指すのは“次世代の金券ショップ”

先にいってしまうと、ONEはユーザーから「レシートという形をした決済データ」を買い取り、そのデータを手に入れたい企業に販売していく構造になっている。

近年パーソナライズという言葉が頻繁に使われるようになったように、大まかな統計データではなく個人個人の消費傾向を把握し、個々に最適な提案をすることが求められる時代だ。だからこそ「どんな人がどのタイミングで、どのような商品を買っているのか。その商品と一緒に買っているものは何か。といった購買データに価値がある」と山内氏は話す。

始まったばかりですから想定外の事ももちろんあるでしょうけど、
これからに期待ですね。

somethinglike

シェアする