【DOMEGLASS】湾曲してない画面のスマホでも全画面保護は必要?【ガラスフィルム】

こんにちは、オンラインサロン「ダンビズクルーズ」メンバーのハンサム真木です。

先日こちらの記事で、「DOMEGLASS」という特殊なガラスフィルムを紹介しました。
液状シリコンを使用し特殊な貼り方をすることで、 画面のフチまで守ってかつ操作性を失わないというものですね。

このフィルム、いわゆるGalaxyシリーズのような、
実際に 画面端が大きく丸みを帯びている機種では無い場合
そこまでする必要あるの?という質問をいただいたのでそこについて書こうと思います。

結論、あるに越したことはないです。

最近のスマホは画面端がわずかに丸い

最近のスマホは、上記のような湾曲をあえて売りにしているような機種じゃなくても
画面が完全平坦でないことが多いんです。

こちらの引用をご覧下さい。

最近のスマートフォンは、2.5Dディスプレイを採用した端末が増えているようです。

2.5Dガラスとはどんなものか?

簡単に言えば、両端の角が丸まったガラスということになります。

以下に2.5Dガラスの形状を簡単に図示します。
私はてっきり2.5次元(2.5 Dimension)のことだと思い凄い立体構造を思い描いていたのですが、スマートフォンに使うガラスにおける2.5Dとはガラス端の加工方法です。

ガラス板はある程度の厚みがあるため、平面のガラス(2D)の場合は鋭利な角が出来ます。この角を曲面にし滑らかにしたものが2.5Dガラスです。(2.5Dは平板の角だけが丸まっていますが、3Dになるとガラスの端ごと曲げたような形状になります。)

引用元:「ちょい好き」になるブログ

このように、
端がわずかに湾曲しているスマホは最近では珍しくないのです。
iPhoneですらそうです。
つまり、そのわずかな湾曲の影響でせっかく貼り付けたフィルムの浮きなどに見舞われた場合、
本体のサイド部分周辺は当然保護性能は落ちるわけです。

やはり、あるに越したことはありません……

DOMEGLASSはガラスフィルム界の万能薬になるかも

形状由来の浮き、
タッチ操作感度の低下、
外観上の問題……それらをまとめて解決しうるのがこのDOMEGLASSということになります。
全モデル用5000円以上しますが、
やはり派手にスマホが割れるよりいいのではないでしょうか。

somethinglike

シェアする