【white stone】DOMEGLASSで調べると2種類あるんだけどどう違うの?【ドコモ】

こんにちは、オンラインサロン「ダンビズクルーズ」メンバーのハンサム真木です。

以前、こちらの記事でドコモの独占販売フィルム「DOMEGLASS」を紹介しました。

特殊な貼り方でうまくスマホ前面すべてを覆う
高クオリティなガラスフィルムです。

「ドームグラス」で調べたりしていると、
海外製の商品のレビューがチラホラあったりして、
そこには 「whitestone」の文字が散見されます。メーカーの名前ですね。

これってドコモの「DOMEGLASS」と何が違うの?
という話を聞いたので、その補足記事になります。

ドコモのDOMEGLASSとwhitestone社のそれは同じ

実際にwhitestone社の商品を見てみましょう。

ドコモのものがこちら。

docomo selectに革新的な液晶保護フィルムが登場。
特殊な貼り付け方法により、つけていないかのような一体感を実現いたしました。
2018年5月18日発売
発売中

参照元:NTTドコモ

パッケージにある「DOMEGLASS」の文字のロゴデザインが同じ形をしているのが分かりますね。
元々は、 韓国whitestone社の製品の独占販売権をドコモが今年手に入れたという事になります。

海外からの取り寄せ前提でしか手に入らなかったものが、
国内のショップでもokになった
のは進歩ですね〜。
しかも店頭貼り付けサービス付き。

ドコモのDOMEGLASSはWhitestoneと同じだが、取り扱い機種に差あり

AmazonでWhitestone社製のDOMEGLASSを探しても、
そんなに数は出ないんですよね。僕が見る限りは(見落としあるかもしれませんが)
Galaxyで2機種、
iPhone でちらほら……と、決して多くはありません。

一方ドコモの方は、それこそ前回の記事でも表記しましたが、
格安モデルを除いた新商品ほぼ全ての機種向けにDOMEGLASSをリリースしています。

少なくとも独占販売である限りは、
今後はドコモからの購入がメインになると言えるでしょう。

スマホ新商品の購入を考えている人は、
判断の一助にしてみて下さいね。

somethinglike

シェアする